見出し画像

MGRe(メグリ)について総まとめ

株式会社ランチェスターで HR を担当している松岡です。 今回は、自社プロダクト『MGRe』事業内容についてお伝えさせていただきます。

▼MGReについて

自社プロダクトであるMGRe(メグリ)は2020年6月にリリースしており、導入社数40社(2021年5月時点)、MAU400万(2020年12月時点)となっております。

MGReに込められた想い

1. Make Good Relationship

企業と顧客のよりよい関係。ランチェスターとクライアントや社会との関係、社員と会社との関係、全てにおいてよりよい関係をつくっていきたい

2. データと体験の循環をつくる≒ 巡るさま

アプリに顧客接点を集約させ、データによる顧客理解を促進し、体験に還元する。この循環を回し続けることをイメージ

Mission                                         

「Make Good Relationship 企業と顧客のより良い関係を支える」

Vision

「すべてのデータをよろこびの体験に」

ロゴでは『巡り』をイメージしており、左部分の矢印が上向きになっているのはお客さまと一緒に成長していく様子を表現し、アプリを介して得られるお客様のデータを元に、顧客体験を向上させていこうという想いが込められています。

MGReとは

『SaaS型アプリマーケティングプラットフォーム』                        MGReは企業のアプリ開発から運用、分析までワンストップで支援することができるアプリプラットフォームです。

システム連携により店舗とECの顧客情報やポイントを一元化するアプリ会員証、

既に企業がYoutube、Instagram、ブログなど複数のチャネルで配信しているコンテンツを自動で集約し配信するクローラー、多様な用途に対応するクーポンや、

顧客の属性に応じたコンテンツの出し分を可能とするセグメント機能など、リテールに特化した機能が揃っています。

アプリマーケの重要性

インターネットの普及により、お客様の購買行動が大きく変化したことで、企業とお客様との関係性をより深く心地いいものにすることが、マーケティング活動成功の鍵となりました。 お客様一人ひとりと丁寧に向き合い、適切なコミュニケーションを行うこと。それを実現することができるのがアプリマーケティングです。

あらゆるタッチポイントがオンラインで包括される時代

MGReを利用していただくことで、オンラインとオフラインで顧客を分けること無く、あらゆるタッチポイントで顧客に最適なサービスを提供することが可能となります。

顧客と常につながることができるスマートフォンを起点に、これまで持っていたチャネルを活かした新しい顧客体験の創出ができます。

高い拡張性

MGReには、短期間でアプリマーケティングをスタートできるエントリープランから、すでに構築済みのCRMやECなどとのシステム連携が可能なエンタープライズプランまでお客様のニーズに合わせた3プランで展開しています。

クライエントのデジタルフェーズ化に合わせた段階的な拡張することができるのが大きな特徴です。

スケーラビリティの実証

現在は、アパレル・美容系の企業様がメインになりますが、今後は他業種への展開を目指しています。 企業の状況に合わせて、我々が提供できるもの、支援体制、サービス内容など、常にアップデートしながらターゲットを広げ、より良いライフスタイルを提供できたらなと考えています!

<まとめ>

  • ランチェスターはMGRe(メグリ)というアプリマーケの事業を展開している

  • 近年アプリマーケの重要が高まってきている

  • ただ単にアプリを導入していただくだけはなく、データを元に顧客体験を向上していきたい

  • 拡張性が高い

  • 今後は、他業種への展開を目指している

  • 「Make Good Relationship 企業と顧客のより良い関係を支える」「すべてのデータをよろこびの体験に」という考え方を大切にしている

上記のような考え方に共感していただける方は、ぜひ一度カジュアルにお話しができればと思っております。

私たちはMGReを通して世の中に提供したいと思っていることが沢山ありますが、正直まだまだ実現できていないことが多いです。これから多くの方とともにMGReを成長させていければと思っています。

あなたからのご応募お待ちしております!

<さらに詳しくMGReについて知りたい方はこちらから>                      EAPを大幅アップデート 新サービス「MGRe」のコンセプトとは

MGReのシステム構成を公開 SaaS開発で大切な設計思想とは


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!